スイングチェック ドライバーショット

「軽く振って飛ばす!」中井学レッスン動画

投稿日:2020年5月26日 更新日:

これで人目を気にせずゴルフも出来そうです。

 

第一段階をクリアしたようですね。

今日からの人の動きがどうなるか、気になります。

果たしてこのまま収束してくれるのかどうか、

年寄りには運動不足が気になります。

 

ゴルフの方は早速、催促が来ました。

6月18日、武蔵野ゴルフクラブで休養明け初戦です。

 

中井学のレッスン動画・続き

「スイングを軽く振って飛ばす!」の続きです。

 

【動画の内容は以下のようになっております!】

1 軽く振って飛ばす秘訣はグリップにある!

2 何も考えない!が軽く振るスイング習得への近道!?

3 軽く振る為の理想の「トップ」を作るには?

4 ダウンスイングで「踏みつける」が軽く振るポイントになる??

5「軸回転」のイメージはNG!?インパクトの姿勢が崩れる原因です。

6 フィニッシュで右手を離せば軽く振っても飛ぶ!?

 

1時間半のお纏め版です。

内容としてはかなり豊富です。

初心者にも、それなりのレベルの人にも

忘れていたスイングの基本を教えてくれています。

 

YouTubeでぜひじっくり見ることをお勧めします。

 

グリップの握り方が大変新鮮でした。

2番目は「何も考えず軽く振る」事がテーマです

 

2 何も考えない!が軽く振るスイング習得への近道!?

 

バックスイング スタート時の体の動きです

セットアップした時、ほとんどの人は体をとめて構えますね。

私もそうです。色々考えるんですね。

 

中井プロはこれが問題だと言います。

 

筋肉の動きは一度止めてしまうと、

人間の脳はせっかく素振りで記憶させた動きを

忘れてしまうのだそうです。

 

素振りの動きのイメージを維持させるためには、

セットアップでも体は小刻みに動かしながら

スタートを迎えることが必要なのです。

 

結論:下半身はリズムをとって構えることが大きなポイント。

 

もう一つ

セットアップではとにかくいろいろ考えますね。

この考えることがスイングにとっては邪魔だそうです。

確かにティーショットで固まったような

長時間止まっている人にうまい人はいませんね。

 

セットアップで色々考えるより

少しいい加減になること

自分に考える時間をあたえないこと

適当になるぐらいの方がいいスイングになるそうです。

 

今日の練習ではこの①と②を徹底して打ってきました。

年寄りでもすぐに出来る「スイング改造」

 

「グリップをしっかり握る」ことも

「下半身でリズムをとる」ことも

「適当に振る」ことも

そんなに難しいことではありません。

 

年寄りでもできるスイング改造です!

1時間半この練習をしました。

 

少し難しいのは「適当に振る」こと、

そして「全ての動きを均一に振る」こと

 

これはそう簡単にはできませんでした。

しかし、グリップをしっかり握ることで

均一に振る感覚が少しづつ身につくように思います。

 

練習では間違いなく何発かは

軽く振って飛ばす感覚が感じられました。

問題はこれがコースでもコンスタントに打てるかどうか?

ですね。

 

この2つの改善は

歳にも体力にも関係なくできることです。

ゴルフのいいところはここですね。

 

このショットが身につけば間違いなく

ドライバーのミスショットが防げそうです。

これでいよいよエージシュートの道が開けそうな

気分になってきました。

 

③以降はもう一度動画をじっくり見て

練習をしてみます。

また報告しますね。

 

“脳は記憶する”

スイングにとってはこれが重要です。

これはよく聞くことですが実践していますか?

打つ前に軽くスイングをしてから構える人は多いですね。

これは脳にいいスイングイメージを覚えさせます。

これはしっかり励行していきましょう。

 

この脳の記憶性を活かして

ドライバーショットを飛ばす方法

これは、Golf Live 志賀プロの動画です。

 

ここはドライバーで飛ばしたいとき、

ドライバーのヘッドの方を持ち2~3度素振りすること

すすめています。

 

軽いものをしっかり素振りすると、

ヘッドスピードは間違いなく上がります。

脳は間違いなくこれを記憶します

 

これであなたのスイングは知らない間に

ヘッドスピードが上がっているのです。

 

この脳が記憶することを常に意識すること、

スイング前にしっかりこれを繰り返すこと

この2つのことをすることがおすすめだそうです。

 

中井プロのスイングスピードを一定にすることと

矛盾はないのでしょうか?

次回の練習で試してみます。

 

2020・5・26

-スイングチェック, ドライバーショット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドライバーショットの「力み」が取れない!

練習場でも「力む」のはなぜ? 力まない時、ものすごくいいショットが出ますね。 その時、これだ! と思うのですが、続きません。   ゴルファーにとって最重要課題とも言える「力みを取る」。 今の …

坂本龍楠プロのレッスン動画・テークバックの効果は?

テークバックの練習実践2回目   テークバックの練習は非常に有効でした。 先ずは左の返しをしないでの練習を 7番アイアンとピッチングウエッジで 100球打ってみました。   ・スイ …

私の課題はドライバーです。

私が崩れるのは突如スライスになること。   終盤に入り疲れが出ると、 かえって腕に力が入り、 前傾姿勢が崩れ、体が開いて打ちに行くのです。 クラブフェイスが開いて入る訳ですから当たり前ですね …

「前傾姿勢が重要!」正直あまり意識していませんでした。

20年ぶりに出た70台、その理由とはー。   一言で言うと、 スイングが前傾姿勢になったことでしょうね。   前傾姿勢の重要性が全く分かっていませんでした。 肩を水平に回す意識が重 …

国内女子ゴルフ、いよいよ開幕!

いよいよ開幕しましたね。 みんなが待ち焦がれていた女子ツアー。   コロナで海外勢が参加出来ずちょっと寂しいですが、 黄金世代の人気がそれをカバーして大きな盛り上がりで スタートしました。 …