スイングチェック テークバック ドライバーショット

「前傾姿勢が重要!」正直あまり意識していませんでした。

投稿日:2020年2月27日 更新日:

20年ぶりに出た70台、その理由とはー。

 

一言で言うと、

スイングが前傾姿勢になったことでしょうね。

 

前傾姿勢の重要性が全く分かっていませんでした。

肩を水平に回す意識が重要だと思っていたぐらいですから、

これでよくシングルプレイヤーになれたものですね。

 

スイングの基本は前傾姿勢

これが崩れないことがボールを真っ直ぐ飛ばすポイント。

 

つまり、下半身は固定しておき

上半身の前傾角度を維持しながら(ここが大切なポイント)

背骨を軸に上半身をひねる。

 

この基本が私はあまり意識していなかったようです。

 

私は高校、大学と陸上競技の棒高跳びの選手で

国体には4年連続で新潟県代表で出場したこともあります。

運動神経は人並み以上だったと思います。

 

だから自己流でも

ドライバーは飛びましたね。

その頃はパーシモンでしたが250ヤードは飛んでました。

 

40年以上も前のことですから

ラウンド数も半端ではなかったですね(サラリーマンとしては)

年間100ラウンドという年もあったと思います。

 

これはお仕事として認められていたからもあるんです。

広告代理店でお得意さんに

大沢商会というスポンサーを担当していたのです。

 

大沢商会は輸入商社で

当時は世界的なゴルフブランドをいくつも持っていました。

 

クラブは「ベンホーガン」

ウエアは「ライルスコット」「ラコステ」

シューズは「フットジョイ」など。

 

そんなゴルフ用品の宣伝、販促が仕事ですから、

新製品の試打でゴルフ場に行くのもお仕事だったのです。

 

その当時はバブル真っ最中でしたから

接待費もずいぶん使えました。

給料と同じくらい使ったんではないかと思いますよ。

いい時代でした。

 

そんなわけで年間100ラウンドです。

これだけやれば誰でもうまくなりますよね。

しかし所詮、自己流だったのです。

 

回数がスコアをまとめてくれただけで

ハンディキャップ9から前には行けませんでした。

 

今思えば

この壁にぶち当たったとき、

「ゴルフは科学でうまくなる」に巡り合っていたら

もっと違っていたのかもしれません。

 

 

60歳を過ぎると筋力の衰えが飛距離に大きく影響。

 

特にゴルフを手打ちで飛ばしてきた人は

全く飛ばなくなってきます。

 

ゴルフスイングは腕っぷしで飛ばすものだ、

と思っていた人が

ゴルフを辞めるのが早いですね。

それは極端に飛ばなくなるからです。

 

その原因が歳の精だと勘違いしてしまうのです。

前回もお話したように

ゴルフにはそんなに体力はなくても

そこそこ飛ばせるものなんです。

 

ゴルフは「本当の体の使い方」を理解することなんですね。

それを教えてくれる人は中々いないものです。

私はこの歳になってある意味、真剣に取り組んだからこそ

少し理解してきたんだと思います。

 

冒頭でいったとおり

スイングには「前傾姿勢」がなければ

安定したゴルフが出来ないのだと今頃理解したのです。

 

それが出来れば

ドライバーも曲がらず、

アイアンの飛距離も合ってきます。

79というスコアはたまたまそのときだったのでしょう。

 

それから2~3度70台は出ましたが

中々コンスタントには出ません。

年間12ラウンド位では難しいかもしれません。

 

道具もあるかもしれません。

私は今でもアイアンは20年前に購入した

コブラのスチールアイアンのSシャフトです。

 

さすがにドライバーは2年前に新しくしましたが、

ネットで1万円で買ったものが合ってっているようです。

もっといいものがあるでしょうね。

 

でも年金生活でそんな余裕はありません。

道具よりまず正しいスイングだと思ってますから

あまり気になりません。

 

ゴルフがうまくなりたいと思うなら

「最初にクラブと身体の動きについてのメカニズムを知ることで

スイングをマスターする時間はずっと早くなる」

ということで道具は二の次でいいでしょう。

 

それでもエージシュートはできそうですから・・・

しかし、パターはへたくそです。

昨年から課題はパターだと強く意識して

色々取り組んでみたのですがうまくいきませんでした。

 

ところが、ネットのバーゲンで買った

Wilsonのマレットパターが当たりました。

 

旧型が1500円で出ていたのです。

1500円なら買えます。迷わず購入しました。

 

間違いなく、

いままでのパターより2割はスコアが改善されたと思います。

 

このパターのおかげで

また私のチャレンジは間違いなく前進したと思います。

次回はパターのお話をいたしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

-スイングチェック, テークバック, ドライバーショット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「軽く振って飛ばす!」中井学レッスン動画

これで人目を気にせずゴルフも出来そうです。   第一段階をクリアしたようですね。 今日からの人の動きがどうなるか、気になります。 果たしてこのまま収束してくれるのかどうか、 年寄りには運動不 …

フェードの渡邊彩香が勝った!アースモンダミンカップ

  昨年の賞金女王・鈴木愛が相手のプレーオフで渡邊彩香が勝った。 やはり距離が出ることは絶対のアドバンテージですね。   18番のロングホールでのプレーオフは 渡邊彩香にとってはラ …

国内女子ゴルフ、いよいよ開幕!

いよいよ開幕しましたね。 みんなが待ち焦がれていた女子ツアー。   コロナで海外勢が参加出来ずちょっと寂しいですが、 黄金世代の人気がそれをカバーして大きな盛り上がりで スタートしました。 …

坂本龍楠プロのレッスン動画・テークバックの効果は?

テークバックの練習実践2回目   テークバックの練習は非常に有効でした。 先ずは左の返しをしないでの練習を 7番アイアンとピッチングウエッジで 100球打ってみました。   ・スイ …

私の課題はドライバーです。

私が崩れるのは突如スライスになること。   終盤に入り疲れが出ると、 かえって腕に力が入り、 前傾姿勢が崩れ、体が開いて打ちに行くのです。 クラブフェイスが開いて入る訳ですから当たり前ですね …